携帯料金の滞納があっても契約できた!?ブラックでも審査なしでスマホを契約する方法7選

お役立ち情報スマホ情報トラブル解決誰でもスマホについて

携帯料金を滞納したり強制解約されたりして「携帯ブラック」になると、他社でスマホを契約するのが難しくなります。

スマホが必要だけど、携帯ブラックが原因で審査落ちしてしまう…」とお困りの方も多いかもしれません。

この記事では、携帯料金の滞納があってもスマホが契約できる可能性のある7つのケースについて解説しています。

また、審査なしでだれでも契約できる格安スマホサービス3選も紹介しますので、参考にしてみてください。

※本記事に掲載している料金やサービスプラン、キャンペーン等は2023年11月時点の情報です。変更している可能性もありますので、ご利用の際は各社公式HPもご確認ください。

 

携帯料金を滞納すると「ブラックリスト」に登録される

携帯料金を滞納すると「ブラックリスト」に登録される

まず、携帯料金を滞納すると登録される「ブラックリスト」について理解しておきましょう。

スマホの契約に関連するブラックリストには以下の3種類があります。

・通信会社独自のブラックリスト

・「不払い者情報」ブラックリスト

・「信用情報機関」のブラックリスト

いわゆる「携帯ブラック」とは、この3種類のブラックリストのいずれか、またはすべてに登録されている状態のことです。

通信会社独自のブラックリスト

通信会社独自のブラックリストに登録される理由

・スマホ料金を滞納した

・スマホ料金の不払いにより強制解約となった

・短期解約を繰り返した

スマホ料金の支払いに問題が発生した場合、現在契約している大手通信キャリアまたは格安SIM会社のブラックリストとして契約不可の情報が登録されてしまいます。

たとえば、大手通信キャリアでは料金を2~4ヵ月程度滞納すると自動的に解約(強制解約)となります。

この場合、少なくとも不払い金のある間は再度同じ会社でスマホを契約することはできません

これが、通信会社独自のブラックリストに登録された状態です。

通信会社独自のブラックリストの時効(情報保有期間)や再審査の基準は、通信会社によって異なります

不払いとなっている料金を完済しても、すぐに再度契約できるかどうかは実際に申込みしてみないと分かりません。

「不払い者情報」ブラックリスト

「不払い者情報」ブラックリストに登録される理由

・スマホ料金の不払いにより強制解約となった

大手通信キャリアやほとんどの格安SIM会社は、料金不払いの再発を防止するために「不払い者情報」を交換しています。

不払い者情報を管理・保管しているのは以下2つの団体です。

・TELESA(一般社団法人 テレコムサービス協会)

・TCA(一般社団法人 電気通信事業者協会)

スマホ料金の不払いにより強制解約となった場合、通信会社独自のブラックリストに登録されるだけでなく、TELESAとTCAに「不払い者情報」が登録されます。

不払い者情報の保有期間は契約解除後5年間です。

現在他社で料金の不払いなどの問題を起こしている人は、契約解除後5年間は「不払い者情報」の交換に参加している事業者ではスマホの契約ができない可能性が高くなります。

ただし、不払いとなっている料金を完済すればその時点で「不払い者情報」は削除されます

「信用情報機関」のブラックリスト

「信用情報機関」のブラックリストに登録される理由

・カードローンやキャッシングなどの借入金がある

・クレジットカードやローン、キャッシングなどの返済に問題がある

スマホ端末を分割払いで購入する場合は、申込み者の信用力や返済能力を確認するために「信用情報機関」のブラックリストが参照されます。

「信用情報機関」とは、クレジットカードやローンの契約や申込み、未払いなどに関する個人の情報が登録されている機関のことです。

クレジットカードやローンの返済が遅れているなど支払いに問題がある場合は、信用力が低いと判断されてスマホ分割払いの審査に落ちる可能性が高いでしょう。

また、カードローンやキャッシングの借入金額が多すぎる場合も返済能力がないと判断されて審査に通らない可能性があります。

信用情報機関のブラックリストの情報保有期間は、完済日から5年です。

そのため、ローンやキャッシングの不払い金を完済しても、5年間はスマホの分割購入ができない可能性が高いと考えられます。

携帯料金の滞納があってもスマホを契約できる可能性のある7つのケース

携帯料金の滞納があってもスマホを契約できる可能性のある7つのケース

以上の点を踏まえて、携帯料金の滞納があってもスマホを契約できる可能性のある7つのケースを紹介します。

ケース1.延滞・滞納している通信料を支払ってから他の通信会社に申込む

ケース2.端末を一括で購入する

ケース3.端末を購入しないでSIMのみ契約する

ケース4.不払い者情報の交換に参加していない格安SIMに申込む

ケース5.ローンなどの完済後5年たってから申込みする

ケース6.プリペイド携帯を契約する

ケース7.審査なしのスマホサービスに申し込む

【ケース1】延滞・滞納している通信料金を支払ってから他の通信会社に申込む

対象となる人:

「通信会社独自のブラックリスト」または「不払い者情報」のブラックリストに登録されている人

TELESAとTCAに登録されている「不払い者情報」は、料金が完済された時点で抹消されます。

現在延滞・滞納している通信料金を支払ってから他の通信会社に申込みすれば、スマホを契約できる可能性が高いでしょう。

ただし、料金を完済した事実が即時に他の事業者に伝わらない場合もあります。

料金を完済したのに他社の申込み審査に落ちてしまった場合は、以下のように対応してみてください。

”料金を完済された事実が、時間的な制約から、情報交換を行っている他の事業者に伝わっていない場合があります。疑義のある方は、お手数ですがお申し込みの事業者にご申告ください。ご申告に基づき、お申し込みの事業者より完済された事業者に確認させていただきます。” 

引用:TELESA公式サイト

【ケース2】端末を一括で購入する

対象となる人:

「信用情報機関」のブラックリストに登録されている人

「信用情報機関」のブラックリストに登録されているためにスマホの分割購入ができない場合は、スマホを一括で購入しましょう。

機種を一括で購入すれば、信用情報機関への情報照会は行われません

通信会社の新規申し込みキャンペーンを利用すれば、一括1円など格安で端末を購入できることもあるので、各社のキャンペーンサイトをチェックしてみましょう。

【ケース3】端末を購入しないでSIMのみ契約する

対象となる人:

「信用情報機関」のブラックリストに登録されている人

スマホの分割購入ができない場合は、「SIMのみ契約」するのもおすすめです。

SIMのみ契約とは、スマホの本体を購入せずに、スマホの通信に利用する小さな「SIMカード」だけを契約することです。

通信会社から送付されるSIMカードを、自分で別途購入したスマホにセットして利用します。

または、端末に内蔵されている「eSIM」の対応端末であれば、申込み後初期設定をするだけで利用開始できます。

SIMのみ契約をする場合、スマホはおもに以下の方法で購入できます。

・スマホメーカー公式通販サイト

・Amazonなど一般の通販サイト

・中古スマホショップ(店舗/通販)

・メルカリなどの個人売買

できるだけ安く購入したい場合は、Androidの低価格モデルや型落ちモデル、中古スマホなどを選びましょう。

ただしスマホを購入する際は、必ず申込み予定の通信会社の「動作確認端末」に含まれているスマホを購入するように注意してください。

動作確認端末は、通信会社の公式サイトで確認できます。

【ケース4】不払い者情報の交換に参加していない格安SIMに申込む

対象となる人:

「通信会社独自のブラックリスト」または「不払い者情報」のブラックリストに登録されている人

TELESAとTCAの不払い者情報の交換に参加していない格安SIMに申込みすれば、携帯料金の滞納があってもスマホを契約できる可能性があります。

ここでは、不払い者情報の交換に参加していないおすすめの格安SIMを紹介します。

不払い者情報の交換に参加してない格安SIMの例

・誰でもスマホ

・IIJmio

・イオンモバイル

・リンクスメイト

・エキサイトモバイル

※ここで紹介している4つの格安SIMはTELESATCA公式サイトの「情報交換をする事業者」に含まれていませんが、契約時の審査がないわけではありません。審査の結果契約できない可能性もあるので注意してください。

IIJmio | スマホ本体が安い

IIJmio 画像出典:IIJmio公式サイト

IIJmioの料金プラン(音声SIM)

プラン 月額料金
2GB 850円
5GB 990円
10GB 1,500円
15GB 1,800円
20GB 2,000円

※価格は税込表示です。

契約と同時にスマホ本体を安く購入したいなら、IIJmioがおすすめです。

IIJmioでは他社からの乗り換えでスマホが110円(税込)~など、スマホ端末価格の割引キャンペーンを定期的に実施しています。

料金プランも格安で、とくに2GBプランと5GBプランの料金は業界最安級の設定です。

イオンモバイル | 店舗でサポートが受けられる

IIJmio 画像出典:IIJmio公式サイト

イオンモバイルの料金プラン(音声プラン)

プラン 月額料金
0.5GB 803円
1GB 858円
2GB 968円
3GB 1,078円
4GB 1,188円
5GB 1,298円
6GB 1,408円
7GB 1,518円
8GB 1,628円
9GB 1,738円
10GB 1,848円
20GB 1,958円
30GB 3,058円
40GB 4,158円
50GB 5,258円

※価格は税込表示です。

店舗でのサポートが受けたいなら、イオンモバイルがおすすめです。

イオンモバイルでは、全国200店舗以上あるイオンの店舗で故障修理受付や料金プラン変更などのサポートが受けられます。

リンクスメイト | 対象のゲームなどの通信量が90%以上OFF

リンクスメイト 画像出典:リンクスメイト公式サイト

リンクスメイトの料金プラン(音声通話+SMS+データ通信)

プラン 月額料金
100MB~1GB 517円~
2GB~4GB 770円~
5GB~9GB 1,210円~
10GB 1,870円
12GB~18GB 2,090円~
20GB~80GB 2,970円~
100GB~1TB 8,305円~

※価格は税込表示です。

ゲームや動画配信サービス、SNSをたっぷり楽しみたい方におすすめなのが、リンクスメイトです。

月額550円(税込)の「カウントフリーオプション」に加入すると、対象のゲームやコンテンツ、SNSの通信量カウントが90%以上OFFになります。

また、支払い方法としてLP(リンクスポイント)支払いも選択できるため、クレジットカードがなくても契約できます。

LPは銀行決済、コンビニ決済、クレジットカード決済で購入可能です。

エキサイトモバイル | 低速通信プランなら495円(税込)~

エキサイトモバイル 画像出典:エキサイトモバイル公式サイト

エキサイトモバイルの料金プラン(音声プラン)

Fit:段階料金プラン 月額料金
低速通信のみ 495円
~3GB 690円
~7GB 1,430円
~12GB 1,980円
~17GB 2,750円
~25GB 3,245円

※価格は税込表示です。

Flat:定額料金プラン 月額料金
0GB(低速通信のみ) 660円
3GB 1,210円
12GB 1,650円
20GB 2,068円
25GB 2,970円
30GB 4,400円
40GB 7,700円
50GB 11,198円

※価格は税込表示です。

エキサイトモバイルは、とにかく安くスマホを持ちたい方におすすめです。

Fit:段階料金プランで「低速通信のみ」の場合、月額495円(税込)で使えます。

低速通信では通信速度が200kbpsに制限されますが、LINEや電話は問題なく利用できます。

ただし、Fit:定額料金プランでは高速データ通信を少しでも使うと使ったデータ量に応じて料金が加算されるため注意が必要です。

定額で利用したい場合は「Flat:定額料金プラン」を選択しましょう。

Flat:定額料金プランの低速通信プランは660円(税込)です。こちらはそもそも高速通信が使えない設定になっているため、料金が加算される心配はありません。

【ケース5】ローンなどの完済後5年たってから申し込みする

対象となる人:

「信用情報機関」のブラックリストに登録されている人

信用情報機関の延滞に関する情報保有期間は、完済日から5年です。

ローンやキャッシングなどの不払い金などを完済したあと5年間経過すれば、端末の分割購入ができるようになります。

自分のブラックリスト情報があとどのくらいの期間で消えるのかを知りたい場合は、信用情報機関に「情報開示請求」をしてみましょう。

情報開示請求の方法については以下の信用情報機関公式サイトを参考にしてください。

・JICC:開示を申込む

・CIC:情報開示とは

・KSC:本人開示の手続き

【ケース6】プリペイド携帯を契約する

対象となる人:

「通信会社独自のブラックリスト」または「不払い者情報」のブラックリストに登録されている人

プリペイド携帯は前払い式のため、携帯ブラックリストの方でも契約できます

ただし、通話料や通信料は通常プランと比較して割高で、MNP転入/転出ができない(シンプルスタイルを除く)のがデメリットです。

ここでは、プリペイド携帯が利用できる3つのサービスを紹介します。

シンプルスタイル(ソフトバンク)

シンプルスタイル 画像出典:シンプルスタイル(ソフトバンク)

購入できる機種

機種 価格 無料チャージ
Libero3(スマートフォン) 24,200円 10,000円分
Simply(ケータイ) 6,578円 4,000円分

※価格は税込表示です。

※2023年11月時点の情報です。

料金プラン

スマートフォンプラン ケータイプラン
契約事務手数料 3,300円
基本使用料 無料
SMS パケット定額サービスに申し込みをすれば送信可能

(受信は無料)

通話料 全国一律9.43円/6秒
データ100MB 330円(30日間)
データ200MB 990円(2日間)
データ700MB 2,970円(7日間)
データ3GB 5,478円(30日間)

※価格は税込表示です。

シンプルスタイル」は、ソフトバンクのプリペイド携帯向け料金プランです。

Libero3(スマホ)とSimply(ガラケー)を購入すると通話とSMS受信に使える無料チャージがついてきますが、機種持ち込みで契約することもできます。

シンプルスタイルは、MNP転入と転出に対応しているため、同じ電話番号を使い続けられるのが大きなメリットです。

ただし、シンプルスタイルの申込みには審査があるため、ブラックリストとして契約不可の情報が登録されている場合は契約できない可能性があります

レクモバプリペイド

レクモバプリペイド 画像出典:レクモバプリペイド

購入できるsimについての例

sim 価格 無料チャージ
プリペイドsim (3 in 1)+050電話 12,800円

※価格は税込表示です。

※2023年11月時点の情報です。

※商品には中古と新品があります。

※上記商品は全てではなく、一例です。

購入できる機種についての例

機種 価格 無料チャージ
iPhone7 19,800円  1,000円分
iPhone8 26,800円
Xperia XZ1 Compact SO-02K 19,800円

※キャンペーンにて

14,800円

Xperia XZ2  24,800円

※価格は税込表示です。

※2023年11月時点の情報です。

※商品には中古と新品があります。

※上記商品は全てではなく、一例です。

基本使用料 無料
SMS 受信のみ可能
通話料(050電話番号) 固定電話(国内):8.79円/3分

携帯電話(国内):19.80円/1分

データリチャージ3GB 3,300円
データリチャージ10GB 5,500円
データリチャージ20GB 7,700円
1GB×3ヵ月 6,600円

※価格は税込表示です。

レクモバプリペイド」は050で始まるIP電話番号が使えるプリペイド携帯です。

リチャージの前に、まずは端末本体かSIMを購入する必要があります。

IP電話のため通話料は安いですが、119など一部接続できない電話番号があります。

また、050番号には1年間の有効期限があります。1年間有料通話をしなかった場合は自動的に解約となるため注意してください。

リプリモ

リプリモ 画像出典:リプリモ公式サイト

購入できるsimについての例

sim 価格 データ量を選択した場合

※選択するデータ量によって価格が変わります。

simカード

音声+データ(かけ放題)

9,980円 データ量1GB +0円

データ量3GB +1000円

データ量10GB +3000円

データ量20GB +5000円

データ量40GB +7000円

simカード

データ専用(SMS)

6,980円 データ量1GB +0円

データ量3GB +1000円

データ量10GB +3000円

データ量20GB +5000円

データ量40GB +7000円

※価格は税込表示です。

※2023年11月時点の情報です。

購入できる機種についての例

機種 価格 データ量を選択した場合
iPhone7 19,980円 データ量1GB +0円

データ量3GB +1000円

データ量10GB +3000円

データ量20GB +5000円

データ量40GB +7000円

iPhone8 29,980円 データ量1GB +0円

データ量3GB +1000円

データ量10GB +3000円

データ量20GB +5000円

データ量40GB +7000円

Xperia XZ1 Compact 11,980円 データ量1GB +0円

データ量3GB +1000円

データ量10GB +3000円

データ量20GB +5000円

データ量40GB +7000円

XperiaXZ2 25,980円 データ量1GB +0円

データ量3GB +1000円

データ量10GB +3000円

データ量20GB +5000円

データ量40GB +7000円

※価格は税込表示です。

※2023年11月時点の情報です。

※商品には中古と新品があります。

※上記商品は全てではなく、一例です。

音声通話プラン データ専用(SMS)プラン
基本使用料 無料 無料
SMS 受信無制限。送信500円まで無料 受信無制限。送信500円まで無料
通話料 かけ放題
データリチャージ1GB 6,980円 1,980円
データリチャージ3GB 7,980円 2,980円
データリチャージ10GB 9,980円 4,980円
データリチャージ20GB 11,980円 6,980円
データリチャージ40GB 14,980円 9,980円
1GB×3ヵ月 17,980円 5,980円

※価格は税込表示です。

リプリモでは、音声通話プランとデータ専用(SMS)プランのどちらかを選択できます。

音声通話プランは通話かけ放題のため、たくさん通話をする方におすすめです。

【ケース7】審査なしのスマホサービスに申し込む

対象となる人:

どうしても他社スマホが契約できない人

なかなか他社で契約できず、すぐにスマホを使いたいのにお困りの方は審査を必要としない、格安スマホサービスに申し込むのもおすすめです。

次の章で詳しく説明します。

審査なし!携帯ブラックリストでも契約できるおすすめスマホサービス3選

審査なし!携帯ブラックリストでも契約できるおすすめスマホサービス3選

審査なしで契約できる格安スマホサービス

ここでは、携帯ブラックでも契約できるおすすめスマホサービス3選を紹介します。

携帯ブラックでもOK!おすすめ格安スマホサービス

・誰でもスマホ

・スカイセブンモバイル

・だれでもモバイル

誰でもスマホ

データ通信量

(24時間かけ放題付き)

月額基本料
1GB 税抜き2,980 円(税込み3,278円)
3GB 税抜き3,580円(税込み3,938円)
5GB 税抜き4,180円(税込み4,598円)
7GB 税抜き4,780円(税込み5,258円)
10GB 税抜き5,680円(税込み6,248円)
15GB 税抜き7,180円(税込み7,898円)
20GB 税抜き8,680円(税込み9,548円)
25GB 税抜き10,180円(税込み11,198円)

 

サービス概要・オプション
回線 NTTドコモ回線
高速データ通信容量の追加 1GB:550円
留守番電話オプション 440円
割り込み通話サービス 330円
契約事務手数料 初回契約時2円(通常価格:3,300円)
最低利用期間/解約金 無し
MNP転出手数料 無料
支払い方法 コンビニ決済

口座振替

※価格は税込表示です。

誰でもスマホのおすすめポイント

・料金が格安

・最低利用期間/解約金なし

・コンビニ決済にも対応

誰でもスマホ」の料金プランは、コンビニ支払いできる携帯電話会社の中で最安値

1GBプランなら、データ通信と24時間かけ放題を合わせて月額3,278円(税込)です。

初期費用も初回限定で2円(税込)と格安。今ならiPhone7の場合、スマホとセットで契約しても990円(税込)~で契約できます。(※2023年10月現在)

最低利用期間と解約金がないのもうれしいポイント。

試しに使ってみたい…ブラックリストの情報が消えるまでの間だけ使いたい…など、短い期間でも安心して利用できます。

スカイセブンモバイル

スカイセブンモバイル 画像出典:スカイセブンモバイル公式HP

データ通信量

(24時間かけ放題付き)

月額基本料
3GB 5,500円
5GB 6,160円
7GB 6,820円
10GB 7,810円
12GB 8,470円
15GB 9,460円
17GB 10,120円
20GB 11,110円

※価格は税込です。

サービス概要・オプション
回線 NTTドコモ回線
臨時パケット 1GB:1,100円
留守番電話オプション 550円
契約事務手数料 5,500円
契約1年以内の解約事務手数料 解約月のプラン代金1ヵ月分相当
支払い方法 口座振替

※価格は税込です。

スカイセブンモバイルのおすすめポイント

・かけ放題プラン、SMS付データプラン、データプランから選べる

・全国60以上の店舗でサポートが受けられる

スカイセブンモバイルでは、使い方に合わせて「かけ放題プラン」「SMS付データプラン」「データプラン」の3つのプランを選べます。

全国60以上(2023年10月現在)の店舗を展開しており、近くの店舗でサポートが受けやすいのもメリットです。

ただし、支払い方法は口座振替のみとなっているため、銀行口座がない方は契約できません。

だれでもモバイル

だれでもモバイル 画像出典:だれでもモバイル公式HP

データ通信量

(電話かけ放題プラン)

初月の月額料金 2ヶ月目の月額料金 3ヶ月目の月額料金
1GB 0円  3,300円  3,300円 
3GB 0円 5,500円  5,500円 
5GB 0円 6,160円  6,160円 
7GB 0円 7,040円  7,040円
10GB 0円 7,810円  7,810円
20GB 0円 11,110円  11,110円

※価格は税込表示です。

サービス概要・オプション
回線 NTTドコモ回線
臨時パケット 1Gクーポン(当月有効):1,100円

1Gクーポン(3ヶ月有効):1,610円

留守番電話オプション 月額550円
契約事務手数料 5,500円

2回線目の契約の場合事務手数料10,000円

MNP転出手数料 3,300円
契約期間外解約金 10,000円
支払い方法 口座振替

※価格は税込表示です。

だれでもモバイルのおすすめポイント

・かけ放題+データSIM料金プラン、SMS+データプラン、データ専用プランから選べる

・公式LINEを追加することでカスタマーサポートが受けられる

だれでもモバイルは、「かけ放題+データSIM料金プラン」「SMS+データプラン」「データ専用プラン」の3つのプランを選べます。

だれでもモバイルは、支払い方法は口座振替のみとなっているため、銀行口座がない方は契約できません。

まとめ

携帯料金の滞納があってスマホの審査に落ちてしまう場合は、以下7つの方法を試してみてください。

1.延滞、滞納している通信料を支払ってから他の通信会社に申込む

2.端末を一括で購入する

3.端末を購入しないでSIMのみ契約する

4.不払い者情報の交換に参加していない格安SIMに申込む

5.ローンなどの完済後5年たってから申込みする

6.プリペイド携帯を契約する

ケース7.審査なしのスマホサービスに申し込む

この方法を試してみても審査に通らない場合やプリペイド携帯を使いたくない場合は、審査なし・ブラックOKの格安スマホサービスを利用しましょう。

最もおすすめのサービスは「誰でもスマホ」です。

誰でもスマホは口座振替払いだけでなくコンビニ決済にも対応しているため、クレジットカードや銀行口座がない方でも契約できます。

データ通信と24時間かけ放題を合わせて月額3,278円(税込)~と料金も格安。

最低利用期間と解約金がないので、短い期間でも安心して利用できます。

まずは、誰でもスマホの公式サイトをチェックしてみてください。

© 2022 誰でもスマホ

WEB申込み店舗一覧メールで質問LINE電話で質問
新規契約専用ダイヤル
03-4330-3466